落とし込みステージ ソロバン波止

 

博多沖の防波堤 ソロバン波止

博多沖の防波堤 ソロバン波止の概説

 ソロバンは丸テトラから続き、先端は白灯台になる。
 全長は白灯台まで入れて、約1090m、幅8.4m。水深は約4.5m。水深はどの波止もそうだが、外側が若干深くなっている場所が多い。波止付け根外側の約50m程は1m以上深くなっている。外側は、場所によって大小の岩が竿前やパイル根もとに散らばっている。写真では右側が外。
 内側は直立ケーソン、外側はパイルスリット升。
 通常、上げ潮は外側、下げ潮は内側の流れがいいが、落とし込みは、定石通り、潮が濁っている側の方が喰いがいい。潮の状態を見ながら主にヘチで釣る。


 

ソロバン波止外側

ソロバン外側の壁面

写真は丸テトラから写したソロバン付け根の外側。
 波止上部から約40cm入って、パイルが打ってある。満潮時、上部まで潮が上がると、餌をスライドさせる釣りかたが有効。

ソロバン波止内側

ソロバン内側の壁面

丸テトラからソロバンに向かう曲がり付近から、ソロバンに向かって写した波止内側の写真。
 直立ケーソンで白灯台まで続く。主にヘチ釣りで実績がある。

ソロバン波止の升内部

ソロバン升内部

升は上部に50cm幅のコンクリが渡してあるだけで、横のしきりは無い。パイルが海を仕切っているのみ。

ソロバン波止 パイル

ソロバンパイル

升から見たパイル。パイル径約50cm。パイル同士の間隔は約50cmだが、実際には着生物などで、もっと狭くなっている。