落とし込みステージ 赤灯台

 

博多沖防 赤灯台写真

博多沖の防波堤 赤灯台の概説

  博多沖の防波堤で最も古い。
 全長約1260m、波止幅4m。90cmの犬走り。
 はやと丸の記録によると、昭和 4年から着工、11年に完成。
 博多港の玄関として、沖防のシンボル的存在。

 灯台周りは潮がよく動き。チヌがよく付く。
 水深は4m前後と浅い。
 内外ともに直立ケーソン。
 上げ潮は波止外側、下げ潮は波止内側を流れるので、落とし込みでは潮時で内外を分けて狙うのがよい。
 波止が低いので、ライフジャケットを着用しないと波止渡しできない。

 

博多沖防 赤灯台:への字より赤灯台側の写真

への字より赤灯台側を望む。

 

写真の人が立っている場所より先は1段低く、満潮時には潮が洗うので危険。潮が下がってからは、いいポイントとなる。 
 水深は満潮時で4m前後。
 内外とも捨て石が入り、落とし込みではヘチ・前打ちともによい。

博多沖防 赤灯台: への字より南側の写真

への字より南側を望む。

 

への字の先は、やはり一段低くなっている。
 水深は満潮時4m前後。突端は白灯台があり、その周りは潮通しがよい。
 内側には大きな捨てコンクリがヘチ近くにばらついて沈み、落とし込みのいいポイントとなっている。 ヘチ・前打ちともによい。